世界にほんの少しの彩りを、

何年経っても色褪せないような、大事な大事な一日にしよう。

NEWSの楽曲の"伴奏"の素晴らしさを語りたい!


NEWSを褒めたい。

 

「この前も同じこと言ってたぞお前」

 

それな。

それでも褒めたりないのだ。まだまだ自分の機嫌を自分でとります。ストレス発散しないとやってられん。

 



 

 

 

 

 

 

NEWSの楽曲のこの伴奏が好きなんです大会〜〜〜〜!!!!ドンドンパフパフ〜〜〜〜!!!!

 

 

今日はNEWSの楽曲褒めです。

 


そもそもの始まりは私に届いた一通のメッセージ。

「EPCOTIA」の間奏でオーボエ使ってるの控えめに言って最高じゃないですか??

わッッッッッかります!!!!(大声)

控えめに言って最高。

 

これがキッカケとなり、フォロワーさんにNEWSの楽曲の好きな伴奏を募集しました。

この大会、完全なる私の自己満で始まったのだが、思ったよりたくさんの方が参加してくださって、かなり楽しませていただいた。それを抜粋しつつまとめたいと思う。

確実に一部の人しか面白くないだろうなんなら読んで面白い人いるかなって感じなんですが安定の自己満なので許してください()

(順番は適当です)

(筆者、楽器経験はあるもののほぼ打楽器しかやってなかったので音楽知識に偏りがありまして…いろいろ大目にみてくださいw)

 

 

ーーーー ーーーー ーーーー
「EPCOTIA」
オーボエバスクラの間奏(2:19〜)(2:23でバスクラが良く聴こえる)
・ピアノ伴奏(2番Aメロ小山手越パート)
ー そのあとのシゲパートから刻みが入るのがまたいい。

EPCOTIAのオケは最高。初聴きから思ってたけど聴けば聴くほど最高。

「BLACKHOLE」
・ラストの音が下がるエフェクト
・1:35〜のピアノ

BLACKHOLEは全体を通していろんな音が出たり入ったりしているのがBLACKHOLE感あってとてもいい。(語彙力)

「Brightest」
ライブで4人がダンスしていた間奏が!!最高!!オシャレ!!冒頭のトライアングルの刻み好き。手越くんの大サビ終わりとかも!

「星に願いを」
・ヴァイオリンの連符(2番Bメロ小山パート)
これフォロワーさんに言われるまで気がついてなくて、言われて聴いてから超好き!!1番の同箇所にはないんすよ…それがまた良き…

「ヒカリノシズク」
AメロからBメロに移るところの音階の刻みが良き!

大サビのシゲパート終わりの木管の連符が!!好きです!!

「Share」
イントロ聞くだけで泣けますよね…?クラップのような乾いた音が入っているのが個人的に好き!大サビ手越くんの伴奏のメロディーも!

恋する惑星
全体的にポップ感のある伴奏!増田さんのラップ裏がツボ!

「Wonder」
不気味な刻みで始まるイントロめっちゃあがりません?!脳内で特効がバーン!ってなる(?)  サビ裏のサウンドもめちゃくちゃにカッコいい!!

「星の旅人たち」
イントロのストリングス!!あと間奏オシャレすぎる!!個人的に、星がテーマの楽曲に入るウインドチャイム好きなんですよね(マニアック)

日はまた昇る
これまたイントロのストリングスが良き!!
あと筆者が打楽器経験者なのでこの楽曲は打楽器を褒めたい。2:27〜 のC.シンバルからのウインドチャイム好き
随所にスネアがいるからマーチ感があるとこもいい!

AVALON
特徴的な刻みが良い。サビ前とか特に!!大サビのマス→テゴのところ、極限まで音を減らして拍を刻むだけなの好き〜!

「Silent Love」
増田さんのラップ、前半に比べて後半になると刻みが入って音が増えるのがアガる!!
1番Aメロにはなかったピアノの和音が2番同箇所に入っているのが切なく苦しい…好き…

「NEWSKOOL」
前奏が全体のオシャレ感を演出してて!!いい!!4人が回すラップの箇所も、改めて伴奏を聞いてみるといろんな音が入り混じってて面白い!手越くんパート2:04〜のペットカッコよくて好き!

「メガロマニア」
冒頭のラスボス感(?)が高まる!EPCOTIAコンサートで前奏流れた時の興奮ったらもう!

「ミステリア」
冒頭の増田さんパート「ミステリアーー!!!」後の木管楽器の連符が!!好きです!!

「BLACK FIRE」
冒頭だけ入っているピアノ音が個人的に好み!!徐々に消えてくのがいいのよ…!

「BYAKUYA」
イントロ、冒頭グロッケン!からの木管連符からの金管の低音!デッデッデッデ〜↓ 背筋ゾクゾクする〜!!

間奏はもうあれですね、スコア見たいです!って感じっす。

「HAPPY ENDING」
最初はピアノだけで徐々にパーカッションや弦楽器、クラップ等が増えていく、盛り上がってく感じが素敵…!!1番と2番の同箇所を聴くだけですぐわかるくらい、全然違うの、曲の広がりを感じることができて好き〜!!


☆ピアノ伴奏が好き!
「ピアノ伴奏が好きです!」というメッセージが多かったので1項目にまとめてみます。

シリウス

イントロ裏のピアノ超イイ…大サビシゲパートの裏も超イイ…

「愛言葉」
滑らかな伴奏が優しい曲調を演出してて最高。

プラトニック」
前奏の切なさ…!!同じメロディーなのに前奏と後奏で全然違う印象があります!

「Smile Maker」
ニゾンの音が!!良き!!冒頭山Pソロの裏の伴奏が超好きっす!!

「秋の空」
単調ながらも優しいピアノでの拍刻みが好き!


☆ベースが好き!
私がベース好きなんです。(個人的に)

「JUMP AROUND」
本当にかっこいい。1:52〜 が特に最高。

「エンドレス・サマー」
3:08のギター?ベース?が個人的ツボです!

「whis・per」
超かっこいいから聴いてくれ。

 

☆「NEWSICAL」
メッセージが一番多く届いたのがこの楽曲でした。伴奏だけで酔いしれることができるくらい最高!!(語彙力)

「NEWSICAL」はオリジナルカラオケ入ってるのでそれをぜひ!

1:16-1:45 いろんな楽器が2小節ずつで楽器紹介のような動きをするところがテンションあがる!!
2:09〜 後乗りになるところもいいし
3:13〜 ティンパニロールが高まる!!

 

私的スコアが見てみたい楽曲ランキング1位!!!

 

 

↓NEWSICALのオリジナルカラオケが好きすぎて拗らせた女のツイート

からふる on Twitter: "その中でも、やっぱり「NEWSICAL」のオリジナルカラオケは特別好き。まず手越くんの多重録音がしっかり聴こえる時点で収録する"意味"があったと思うし、伴奏という域を超えて、曲としてカッコいいんだよ〜!慶ちゃんの「Oh Gosh!」の後の2小節ずついろんな楽器が楽器紹介みたいに回してるのほんと好き"

 

 

 

 

全体的になんかマニアックだったね!!

あと全体的に語彙力がない!!

「良い」「好き」しか言ってない!!

つまんねえブログだな!!
お付き合いいただきありがとうございました!!

NEWSの楽曲はどれも最高です!!

 

あれからNEWSの楽曲を聴けなくなっている人もいると思う。無理して聴く必要ない。NEWSの楽曲を聴くことが快にならないあいだは離れてみて良いと思う。もしまた聴けるようになったら、ぜひ伴奏も聴いてみてください。

 


そして最後に!!!!
6月27日発売の新曲「BLUE」の伴奏も本当に本当に最高です!!!!

 

W杯のテーマソングで、「ニッポン」という言葉が何度も出てくる楽曲なんですが、和楽器がたくさん使われているんです!箏が特に印象的です!本当に!伴奏好きの血が騒ぐので!皆さんぜひ買って聴いてくださいませ!

 


全曲の編曲者さんに敬意を込めて。

 

NEWSの好きな髪色髪型選手権!

 

「自分の機嫌は自分でとる」

って大事だと思うんですよ。誰かに機嫌とってもらえるのはバブバブした赤ちゃんだけで、それ以降は自分で自分の機嫌とらないと、と思ってて。

というか、「他人が自分にとって気にくわない行動をしててイライラする」ってめっちゃ子どもじゃん…?お腹空いてるのを訴えたくて泣いてるのにオムツ取り替えられて「そうじゃねえ!!💢」って泣く赤ちゃんかよ。

他人が自分の思った通りに動くわけなくない?他人だぞ?血の繋がった親や子供さえ自分の思った通りには動かないのに、なんで赤の他人が自分の都合通りに動くと思ってんの?自分の好きなことしか言わないと思ってんの?

「私は"あの人"にこんなことしてほしくないの!!こんなこと言ってほしくないの!!」

いや、そりゃあ多くを望みすぎだわ。

"あの人"に当てはまるのは何も自分の好きなタレントだけじゃない。親も子供も旦那さんも奥さんも彼氏も彼女も先輩も後輩も友達も、なんなら今私の隣に座ってて明らか私に体重かけて寝てるこのお兄さんも。自分の思い通りには動かない。それを執拗に嘆いてもしょーがないんだよ、他人だもん。まあいいや、私次の駅で降りるし。


…導入から話が盛大に逸れた。ちょいと口が悪かったねすまんすまん。そんな話がしたくてはてブロ開いたんじゃないのよ。笑

そうだ、「自分の機嫌は自分でとろう!」って話でした。

そうなんですよ。
結局一番自分の思い通りに動くのは、動けるのは、たぶん"自分"だ。意志が必要だけど、意図的に努力しないとだけど。それでも、一番自分の思い通りに動く可能性があるのは"自分"だ。と、私は思っている。


なので、私は今から自分の機嫌を自分でとります。

 

 

 

 

 

 

 


NEWSの好きな髪色髪型選手権〜〜〜〜!!!!ドンドンパフパフ〜〜!!(突然)


今猛烈にNEWSのビジュアルの良さを褒めたいので、褒めます。(勝手)

まあ基本的にNEWSはいつもビジュアルが最高なので〜〜片っ端から褒めたらキリがないので〜〜
私が一番好きな髪色髪型のNEWSを抜粋して褒めます。

どの時期の4人にしようか決めるのに1時間半かかりました。(ガチ)
いや〜〜だってNEWSはいつもビジュアルが最高なn(強制終了)

キリがねえ、始めよう。


手越祐也 ー「White」期

f:id:c5l5rf3l:20180614201827j:imagef:id:c5l5rf3l:20180614201835j:image


かわいい。

かわいい以外の言葉が出てこない世界中のかわいいを東京ドームに集めたのかなってくらいかわいい。

 

f:id:c5l5rf3l:20180614201759j:image

f:id:c5l5rf3l:20180614201927j:image


世界一かわいいライオンかな。メスライオンのことをハニーって呼ぶタイプのライオンかな(?)

基本的に世の男子みんな前髪作れってくらい前髪ある方が好きなんですが、手越くんがコンサートのときに「めっちゃ気合い入れてます!!!!」を前面に出したかのように編み込んだりポンパにしたりしてくるの超愛おしいって思ってるので、コンサートビジュを選びました。


ちなみにコンサート以外だとKAGUYA期です(絞りきれてない)

 

f:id:c5l5rf3l:20180614201957j:imagef:id:c5l5rf3l:20180614202005j:image

 

君の名はKAGUYA

姫じゃん。私が滝沢カレンだったら「圧倒的姫」ってつけてる。

4人のプリンスがKAGUYAを奪い合う的なストーリーかと思ったら既に姫含有。
一瞬でもファンがかぐや姫?////とか思ってごめん4人の中にかぐや姫いたわ4人で完結してたわ。

って感じの手越くんがかわいくて美しくてとても好きです。

きっと髪の毛長め多めの方が好きなんだろうな…


加藤シゲアキ ー「チュムチュム」期

f:id:c5l5rf3l:20180614202059j:image

f:id:c5l5rf3l:20180614202114j:image

美人。

美。美の具体化。
チュムチュム期のシゲは本当に美人なんだよ、これ以外の語彙が崩壊した…

極め付けが音楽番組でチュムチュム披露したときのシゲ。

 

f:id:c5l5rf3l:20180614202135j:imagef:id:c5l5rf3l:20180614202145j:image

 

美人お姉さん〜〜!!!!

かわいい……ほんと美人……頭になんていうのこれバンダナ?を巻いた衣装さん最高……ってあれ?あれあれ?チュムチュムの衣装担当増田さんじゃ〜〜ん!!そりゃ最高だわ〜〜!!(茶番)

私髪の毛長め多めが好きなんだな…(確信)

(あとあれ、もう一回シゲの金髪見たい…ちょっとでいいから、ちょっとでいいから染めてくれないかなぁ…)


小山慶一郎 ー「四銃士」期

f:id:c5l5rf3l:20180614202210j:image

f:id:c5l5rf3l:20180614202225j:image


顔が好き〜〜〜〜!!!!!!!!

私が慶ちゃんの顔大好きだというのは巷でも有名だと思うんですが(?)、四銃士の慶ちゃんはその中でも特に好きなんすよ……

 

f:id:c5l5rf3l:20180614202248j:image

f:id:c5l5rf3l:20180614202304j:image

前髪重めな暗めの茶髪最高。

前髪重めでちょっと毛先遊んでるの良さがすごい……

(以下一回ブログ記事を載せた後どうしても語りたくなったので追記しました。我慢できなかった。許してください。↓)

コンサートビジュだと一番好きなのは「QUARTETTOのアンコール」!!

f:id:c5l5rf3l:20180615095320j:image

f:id:c5l5rf3l:20180615095424j:image

確信犯〜〜!!!!

ずるい。このバンダナの巻き方はずるい。かわいいってわかってるだろ〜〜!!圧倒的敗北。まあそもそも戦おうとしてないけど。

髪色髪型というか、ヘアアレンジ込みで最高ですね。好きです。

(追記終わり)

 

あれだな、薄々気がついてたけどこれ髪色髪型褒めてんだか顔面褒めてんだかわからなくなってきたな。まあいっか。

増田貴久 ー「サヨナラにさよなら」期

f:id:c5l5rf3l:20180614204522j:image
でしょうね。(知ってた)

私をちょい長くフォローしてくださってる方なら絶対に知ってると思うんですよね。「サヨさよ期の増田さん最高(定期)みたいなとこあるんでね、私。

前髪ある暗めの茶髪が好きなんですよ。(さっき慶ちゃんのとこで似たようなことを言ったような)(わかりやすいな私)

 

f:id:c5l5rf3l:20180614202442j:image

f:id:c5l5rf3l:20180614202433j:image

控えめに言って天使。


あとピンポイントで好きなのは軽井沢の増田さん。

f:id:c5l5rf3l:20180614203706j:image

このキレイすぎるピンクかわいくない…?かわいいよねわかる。(ひとりC&R)

 

 

 

 

はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜楽しかった!!!!

元気でた!!!!

NEWSの顔面最高〜〜!!!!

ひとつ言っておくとNEWSの内面も大好きだからね?!これだけ読んだら超面食い野郎みたいになるね?!(面食いだけど)

私が、髪の毛長め多めなテゴシゲ前髪重め暗めな髪色のコヤマスが好きだということがわかった有意義な時間でした。


悪口を言ってストレス発散するくらいなら褒めまくってストレス発散したいタイプの人間なので、自己満でNEWSのことを褒めちぎりました!!!!

お付き合いいただきありがとうございました〜〜!!

"当時"を経験すること。

 

私は、NEWSが4人になってからのファンだ。


私は、「ファンになったキッカケ」のことを、"奇跡的な巡りあわせ"だと思っている。その時その瞬間その感情の自分でなければ、同じものを見てもファンになるほどハマらなかったのではないかなぁと思っているから。運命論を信じているというわけではないので、「NEWSを好きになるのはずっと前から決まっていたんだ!」とは思っていないけれど、何かにハマるのってタイミングだよな、とは思う。

そのタイミングでそれを見たから好きになった。

だから私は、たまたまMステの「さくらガール」を見たタイミングでもなく、松潤を見たいからと録画してまで見ていた「失恋ショコラティエ」でライバル店の超イケメンなお兄さんを見たタイミングでもなく、10thのDVDを買って見たタイミングで、ファンになったのだ。

なので私は、このタイミングでNEWSを好きになったことを"奇跡的な巡りあわせ"だと思っており、後悔しているわけではない。

だが、「もし、自分が好きになる以前の事象を、当時NEWSファンとして見ていたら、私はどんな気持ちになるのだろう」ということに興味が沸いたことはあった。

もし私が、当時突然山Pと錦戸くんがNEWSを脱退することを知ったら、何を思うのだろう。
もし私が、当時KちゃんNEWSで脱退の話をする慶ちゃんの声を聴いていたら、何を思うのだろう。
もし私が、当時テゴマスのまほうに入って「さくらガール」を歌う二人を見ていたら、何を思うのだろう。
もし私が、当時NEWS4人がシングル発売とベストアルバム発売とライブ決定を報告するラジオを聴いていたら、何を思うのだろう。
もし私が、発売当時「チャンカパーナ」と「フルスイング」を聴いていたら、何を思うのだろう。

これらのことがあった"事実"は知っている。ファンになったのちに調べたら出てきたから。山Pと錦戸くんが脱退したことも知っているし、「さくらガール」を歌うテゴマスをDVDで見たこともあるし、文明の利器を使って脱退の話をする慶ちゃんの声と4人が嬉しそうに報告する声を聴いたこともあるし、「チャンカパーナ」と「フルスイング」を聴いたこともある。

でもその当時のファンの方々が"どんな気持ち"だったのかは、調べても出てこない。
よってその当時私がファンだったら"どんな気持ち"だったかなんて、どうやってもわかりっこない。

そして、"どんな気持ち"になるのだろうということについて興味が沸いたことはあったけれど、決して憧れたことはなかった。

何度か「脱退の時にファンじゃなかったことを悔やんでいる」、「脱退の時にファンでいてNEWSを支えたかった。あのころのファンが羨ましい」という内容のメッセージをもらったことがあった。その思いを否定するわけではない。そう思う人がいることも理解できる。でも、私自身は悔やみも憧れもしていなかった。


だって、絶対辛いじゃん。絶対悲しいじゃん。


自分が応援しているグループの脱退報道なんて見たくないし、当時のファンの方々も見たくて見たわけじゃないんだから、辛くて悲しかっただろうなということは、調べても出てこなかったけど、想像はしていた。「ファンにならなきゃ良かった」って後悔したりするのかな、とも想像していた。それくらいの想像はしていたけれど、いざ自分がその状況に置かれたらどんな気持ちになるのだろう、ということまでは想像できなかった。

 

 

 

 

2018年6月7日の夕方にミヤネ屋で速報のニュースを見た瞬間が、私のNEWSファン人生において最も辛かったし悲しかった。

脱退報道とは全く内容が違うから、直接比較できることではないのは重々承知している。しかし、自分が応援しているグループのマイナスな報道を見るって、想像の何倍も何倍も辛くて悲しかった。

 


でも。

私は、今回の報道より前にNEWSを好きになったことを、後悔しなかった。数日経った今も後悔していない。

もし2018年6月7日以降の未来でNEWSを好きになっていたら経験できなかった"当時"をたくさん経験することができたから。知ることができなかった感情をたくさん知ることができたから。見ることができなかった景色をたくさん見ることができたから。NEWSにたくさん幸せにしてもらったから。

これからもいろんな感情を知りたいし、いろんな景色を見たいし、もっと幸せになりたい。
知ることも、見ることも、幸せになることも、全然諦めてない。

匿名のメッセージが受け取れる場所で「お花畑の代表のような人ですね」と言われたけれど、本当にこれが本音だから、もうどうしようもない。

NEWSを好きになったことを後悔していない、これからもNEWSと一緒にたくさんの"当時"を経験していきたいと思っているファンがいることが、NEWSに伝わってたらいいなぁ、伝わってほしいなぁ。

そう思いながら、手紙とハガキをいっぱい書いた土日だった。

 

全力で愛(かえ)してくれるNEWSが大好きだ。

 

私は、NEVERLANDが大好きだ。


アルバムのコンセプトと詳細が出たとき「絶対好きだ」と思った。

『NEVERLAND』がオンエアされる前までは、ピーターパン的な(?)ファンタジックさある世界観なのかなぁとも思ってたけれど、『NEVERLAND』を聴いて、「NEWSが創り上げるネバーランドは、たしかにこっちのイメージだ」と思った。楽曲1音目の重厚感ある音、重い重いネバーランドへの扉を開けるような印象。これで確信した。「私絶対好きだ」

そして、やっぱり好きだった。

アルバムを一周聞くだけでNEVERLANDの世界を旅することができる構成に、"NEWSが本気で世界観を作り込むとこうなるのか"って度肝を抜かされた。

コンサートに行って、正直想像の100倍よかった。誇張じゃなく。私の想像の浅はかさも考慮しての100倍ね。笑

前にブログで書いた「ずっと『ネバーランドの人間』としておもてなしをしてくれていたNEWS4人が、一番最後だけ、我々招待客と同じ立場になる。」ってストーリー(私的解釈)もたまらなく好きだった。


……導入から話が逸れまくった。

 


ちゃうねんこんな話がしたいとちゃうねん。


NEWS3作品連動キャンペーンのW特典映像の配信が最高だった。

という思いを書き殴りたい。

 


未視聴の方はUターンを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NEWSが好きだぁぁぁぁぁぁああああ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!

好きが爆発しているなうです。

好きが爆発してブログを開いたなうです。

なので、微塵も読み応えのないなんの生産性もないブログです。笑


いやー、もう。
好きじゃんこんなの。

NEWSとNEWSファンは、「愛すること」と「愛されてると実感すること」に綺麗な涙を流せる関係だと、一個前のオーラスのサプライズについてのブログで書いたんだけど。


我々愛されてるぅぅぅう〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!

と思ったらなんだかもう、NEWSのことが愛おしくてしゃーない。


ここまで好きが爆発するのはやっぱり、自担が最も関わってる企画だからってのもあるのかなぁと思う。

装苑についてのブログでも書いたし、NEVERLAND展に行った感想のブログでも書いたので、私が『S』tylistな増田さんのことが大好きだという話は、もういいわって感じだと思うんですけど。笑

NEVERLAND展については、そもそも"増田さんが魂込めて作った衣装を展示する"ということが"企画として成立している"という事実が素敵だなぁと思ってる。自担が誇らしい。

NEWSとNEWSチームの方々が、その企画に参加できる人の数が有限であることをどうにかできないかと思案してくれた事実が嬉しい。"ファンを想う優しさ"を感じて「大好き」という感情が止まらない。

しかもこのストリーミング配信の映像がこれまた素敵なのが、増田さん本人が解説しながら一緒に回ってくれるとこ。NEVERLAND展に入れなかった人はもちろん、NEVERLAND展に入ることができた人もさらに嬉しい仕様。

当落が出たとき、当たらなくてあんまり表には出してなかったけどかなり落ち込んでた友達が、「増田担の〇〇(私)が当たってよかった」って言ってくれたんだけど、やっぱりちょっと悲しくて寂しくて。一緒に行きたかったなぁって思って。気の利いた言葉かけてあげられなくて申し訳なく思ってたんだ。

でもね、NEWSとスタッフさんとJEさんのおかげで、友達もNEVERLAND展に行けたんだ。「NEVERLAND展に行けた」って言ってる友達見て嬉しかった。愛おしかった。お互いが"NEWSのことが好き"だから出会えた友達が、「NEWSに愛されてる」って言って喜んでる状況、幸せでしかない。やっと2人で、NEVERLAND展の話できるね。(私信が過ぎる)

NEWS、ありがとう。

 

増田さんとNEWSとNEWSチームの方々の愛、全力で受け取らせていただきました!!

 

はーあ!今日もNEWSと増田さんが大好きだッ!それだけです!以上!解散!

f:id:c5l5rf3l:20180605141526j:image

 

(このストリーミング配信によって、NEVERLANDに関する企画は幕を閉じるんだろうなぁと思うとちょっぴり寂しいけど、EPCOTIAもあるし!NEWSはまだまだ一緒に冒険してくれるみたいだからね!前向いてこ♡)

幸せはいつも君のそばに。

 

お題「NEWS ARENA TOUR 2018 「EPCOTIA」宇宙旅行記」 - はてなブログ

 

どうも!

EPCOTIAツアー完走おめでとう!!.。.:*☆


最後の会場埼玉の2日目夜、オーラスに行ってきました。


なぜ帰ってきて速攻ではてブロを開いているのか、ちょっと前置きしますね。

 


オタクの中に、「レポ」って文化があるじゃないですか。これって生身の人間を応援しているからこそ成り立つ文化なわけで、私すごく好きなんですこの文化。

ツアーって同じコンセプト、(ほぼ)同じ構成やセトリで行われてはいますが、絶対に、全く同じ公演が2回行われることはない。“その”公演でしか起きない出来事ってのがたくさんあって。

主にMCで話したことのレポが多いけど、それ以外にもちょっとしたハプニングとかもレポになりやすいですよね。誰かが歌詞飛んじゃったとか、立ち位置間違えたとか。それも別に咎めようとしてるわけじゃなくて、なかなか見られないレアなものとして扱われる。なんて微笑ましい文化なんだ!!

…何が言いたいのかというと。

そういった「一定数の人しか目撃できない、二度と起きないであろう出来事を多くの人と共有しよう」とする行為が「レポ」だと思ってるって話です。そして、コンサートで起こる「二度と起きないであろう出来事」には、“嫉妬”に近い感情が同時に発生することがある。「一定数の人」に含まれなかった人に『私も見たかったなあ』という感想が生まれるのは極めて自然なことだと思ってるし、だからこそ、「レポ」を書くことでその溝をなるべく埋めようと尽力してくれる人がいる。

 


さて、そろそろ本題に入りますね。


今日のオーラスで、「レポ」として多くあがる“偶然の産物”的出来事とは違い、意図的に行われたことではあるんだけど、「二度と起きないであろう」出来事が起きたんです。その話がしたくてはてブロを開きました。


たぶん、すでに「レポ」を読んで知っている人も多いと思いますが、『NEWSへのサプライズ』が行われたんです。(このような出来事があると“嫉妬”感情が増えるのもよくよく理解しています。「サプライズの話なんて聞きたくねえ」と思われた方はそっとブログを閉じてください…)

 


埼玉のオーラス公演に入った身として、今日の出来事を残しておきたいと思ったので書くことにします。

EPCOTIAの感想とかはまたの機会に書くので、とりあえずはサプライズの話だけ。

 

 


開演30分前。


一度でもコンサートに入ったことがある人なら知っていると思うが、アルバム「EPCOTIA」に特典として入っている映像が流れる。『EPCOTIA SAFETY GUIDE』という、機内安全のための説明を超絶顔が良いEPCOTIAアテンダントがしてくれる。

その映像の後に、その他コンサートでのルールや案内(うちわは既定のサイズ、スケッチブックはダメ、みたいなやつ)が続いて流れるんだけど、そのあたりで、今回のサプライズの説明が表示された。

NEWSに聞こえたらマズいので文字が出るのみ。

ざっくり内容を書くと、

・NEWSへのサプライズをしたい
・コンサートの終盤で合図をするのでそのときに
・合図があったら、座席の背もたれのところに赤いシールが貼ってある人はペンライトを点け、シールがない人はペンライトを消してほしい

お願いの最後には「コーティ・ディプトリ―」の文字が。これは機長からのお願い、という題だったのである。(粋すぎてすでに泣きそうだった)


みんな座席を超確認。SAFETY GUIDEは何度か流れるんだけどこのお願いも数回表示された。そしてそれが表示されると自然と巻き起こるファンの拍手。

「すばらしい!!」「成功させよう!!」「機長ありがとう!!」的な意味合いの拍手だったと思う、たぶん。NEWS、裏で聞いてて不思議だっただろうな…謎タイミングでの拍手。笑


そしてコンサート開演。

かっこよくて顔が良くてかわいくて顔が良くてMCが面白くて顔が良いNEWSに大興奮しながらも、「コンサート終盤とは言ってたけどいつだろう…ソワソワ」ってしてた。


そんなこんなで迎えたエンディング。セトリでいうと、イノセンスが終わり、NEWSが捌け、かわいい異星人たちが出てきたあのタイミング。

オーラス終わってネタバレ解禁だから、イノセンスからHAPPY ENDING(次の曲であり、コンサートのラスト曲)の流れを堂々と説明すると、

「終わっちゃったね~」って異星人たちがわきゃきゃしてる中で、異星人たちが手を繋ぐとモニターに表示されていた「END」の文字が「ENDING」になり、手を離すと「END」に戻ることを発見する。「僕たちが手を繋ぐと不思議なことが起こるんだね!」となり、客席のみんなも手を繋いでくれたら「もっと不思議なことが起こりそう!」と、我々に「手を繋いでよ!」と呼びかけ、手を繋いだタイミングで文字が「HAPPY ENDING」になり、センステのメインモニターがあがりNEWSが現れ、HAPPY ENDINGのイントロが始まる。

通常、異星人が「手を繋いでよ!」と呼びかけているときは客席を遠巻きに映した映像がメインモニターに映し出されるんだけど、今日はそのタイミングでサプライズの案内が表示された。(音声は通常通り「手を繋いで!」のくだりなんだけど、モニターに表示されたサプライズの把握で手一杯なので手を繋ぐくだりはガン無視。笑)

その内容をざっくり書くと、

・異星人たちが「せーの!」というタイミング(通常はつないだ手を掲げる合図)で、みんなで「HAPPY ENDING!」と言い、ペンライトのオンオフを操作してほしい

というもの。

 

そしていざそのタイミング。

まず、通常なら手を掲げてからNEWSが姿を現し歌い始める、という流れなのに、いつもより早いタイミングでメインモニターがあがった(NEWSにサプライズが見えるように)ことに動揺する4人。きょろきょろしてて可愛かった。

モニターに「3」「2」「1」「せーの!」の文字が表示され、お客さんが声をそろえて

「HAPPY ENDING!!!!」

そして同時に客席に浮かび上がる

「NEWS」「HAPPY」「ENDING」「★★★」の文字。

お客さん大歓声!(ライトのオンオフしか知らされてなかったので、どんな文字が浮かび上がるのか、そもそもなにが起こるのかよくわかってなかった。笑)

機長からの「埼玉の皆様、よくできました♡」もあった♡

 

センステにライトがあたると完全に動きが固まった4人の姿が。

小山「人って本当にびっくりすると、声が出ないんだね」

と口々に話始めるも、ほとんどしゃべらない手越くん。ちょっとうるうる来てた慶ちゃんが手越くん指さして

小山「一番くらってるのこの人だよ!w」「手越うるうるしてる!」

とつっこみ&話振り。

手越「感動して……びっくりした~!」

ってうるうるした目から涙がこぼれないように強がって話してたのに、話してる途中で「うえーん」って聞こえそうなほどかわいく泣き始めちゃって目頭抑えて涙ぬぐってて。
HAPPY ENDINGの歌いだしが手越くんだから、泣き止んで落ち着くまで3人が繋いで。

 

パッと思い出せるのは、

増田「いや、モニター上がるの早いよ!タイミング!スタッフ最後の最後で!って思ってた」
増田「ペンライトで文字を作るのやりたいって案が出たことがあったから嬉しい。夢が叶った」

増田「歌行かなきゃだけど…あと30秒見てよう?」

(増田さんばかり覚えている…笑)

あと増田さんと慶ちゃんが手越くんに「タオル貸そうか?」って言ったり。
そのあと手越くん見て慶ちゃんももらい泣き。

増田さんが「じゃあ俺が(HAPPY ENDINGの出だし)歌うわ!」と振って氷温の冒頭歌い始めたり…とまあなんやかんやあって、手越くんも落ち着いたところで歌い始めて。

 

1番のサビ前。

「ゆっくり前向いていいよね?決してこの想い絶やさぬと決め」

で慶ちゃんがハモリをしてる手越くんの肩を抱きに行って、ふたりとも笑顔で歌ってたのが印象的だった。(慶ちゃんと手越くんが嬉し涙で目を潤ませながらファンを見て笑顔で歌ってる、って今文字にしても泣けるくらいの光景だった)

 

そのあと、間奏でそれぞれのあいさつ。

今度は増田さんが。

増田「15年間みんなに支えられて…、あ、やばい」

まで言った後いきなり泣いちゃって喋れなくて、タオルで顔を覆いながら涙声で「ありがとう…」と一言だけ頑張って言って。慶ちゃんに肩ポンポンってされてた。
その次のあいさつだったシゲも増田さんのほうへ行って肩抱いてあげてて。増田さんの反対側にいた手越くんは涙目ながらもニコニコしてて、自分のあいさつでも泣かなくて。


そのあと異星人たちの紹介とか風船落ちてくるあたりでもう一回手越くん泣いちゃったりして。Jr.くんの中にも泣いちゃってる子がいたりして。

それでも最後には、4人とも笑顔で四方向に挨拶。たくさんたくさんファンの子達に手を振りながらの退場でした。

 

 

本当に「幸せ」「嬉しい」「ありがとう」「大好き」だけが詰まった空間だった。プラスの感情ばかりだった。

サプライズを企画してくださった機長という名のスタッフさん。それを見事に成功させたファン。涙がこぼれるほど感動してくれたNEWS。

会場にいる全員の、溢れんばかりの「愛」を感じた。

さっきこんなことを呟いたんだけど、

からふる on Twitter: "今回も制御ペンラだったわけだけど、点くか消えるか点滅か、くらいの最小限の制御しかしないじゃないですか。その中で今回のサプライズで客席に文字を作るのもあくまで「手動」だった。制御がついている中で手動ON/OFFを特別視した企画だった。これが、あの空間が愛おしくてたまらない理由かなぁ。"

これにおいて、「手動」でいけると信じて企画してくださったスタッフの方々には何度お礼を言っても足りない。

「我々ファンのNEWSへの愛は負けないよ!!」と言いたいところだけど、スタッフさんからのNEWS愛も半端じゃないと、本当に思った。

サプライズを知らせるタイミングも、知らせる方法も、たくさん考えて企画してくださって、ファンを信じてくださって。

ああ、NEWSはめちゃくちゃに愛されてるんだなぁと思った。こんなにスタッフさんに愛されてるだなんて、NEWSとスタッフさんの信頼関係は素晴らしいなぁと。

そしてそれを無事成功させたファンの方々ももちろんすごい。本当に綺麗に文字が浮かびあがってて、ビックリした。「協力的」を超えて、「愛情たっぷり」って感じがした。NEWSファンほんと愛おしい。

そしてそして、純粋な「嬉しい」という気持ちで泣くほどに感動してくれたNEWSも、とびっきり愛おしい。


昼公演でNEWSからファンにサプライズで15th記念コンサートとシングル発売の発表をし、夜公演でファンからNEWSにサプライズ。

「愛すること」と「愛されていると実感すること」に対してこんなに綺麗な涙を流すことができるNEWSとNEWSファンは、おんなじくらい涙脆くておんなじくらい感動しいで。


一緒にもっと上を目指したいし、一緒にもっといろんな景色を見たいし、

一緒にもっともっと幸せになりたい。

と、会場に響き渡る「NEWSー!!!!」を聞きながら思った。

 

「幸せはいつも君のそばに…」を体現してくれてありがとう。


笑顔の15周年になりますよう願って.。.:*☆

 

NEVERLAND展に行ってきたよ。

どうも!!


筆者、NEVERLAND展の帰り道の電車なうです。


なぜそんなにすぐはてブロを開いたのか、家に帰って落ち着いてから書けよ。


みなさんがそう思う気持ちもわかる。(思ってるかわからないけど)

しかし、今書きたい理由があるのだ。

 

ひとりで見たから感想の行き場がない。

 

おふたりで来てる方は「これなんとかだね〜」「たしかに〜」って見ながらできるんだけど、私ひとりだったもので。

「これなんとかだね〜」「たしかに〜」をひとりでやってたの。ひとりC&R in NEVERLAND展


というわけで(?)帰り道のまだ覚えてる間にここに書き殴ります。

書き殴るから、その、整った文章/構成にする気がないので、さらっと勢いで読んでください。


増田さんがいつかやりたいと言ってた衣装展がついに実現した…(泣泣)

みたいなお得意の湿っぽいやつはきっといつか書くので。


ネタバレのラインがよくわからないので、とりあえずこれから行く人は読まないでおくれ。

 

 

いくで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手越くんちっさ!!!!!!!!

 


ビビるわー。超ビビったわー。

 


全ての衣装が

 (∵)   リ`▽´ノリ   (´・ш・)   (´-」-`)

この順番で並んでるんですけど。


(´・ш・)の両サイドがリ`▽´ノリと(´-」-`)なのもあって、

まーーーーーーーあ手越くんの衣装が小さく見える。


NEVERLAND展七不思議のひとつ。

4体のマネキンは同じサイズなはずなのに、サイズが違って見える。


本人たちの体格差により衣装は大小あるわけだけど、マネキンは同じ(たぶん)

だからさ、増田マネキンはダボっとしてて手越マネキンはピチッとしてるの。(〇〇マネキンって言い方、ひみつの嵐ちゃん懐かしいね)(関係ない)

 

ほんとにこのマネキン、胸の厚み全部同じ?!?!明らかに増田さんのATSUMIやばない?!?!

という気持ちになった。Brightestの迷彩と黒金見たときにめっちゃ思った。

 


次。

 

パッチワーク衣装がもっと好きになった!

 

めっちゃカラフルだなぁ目立つなぁ暑そう。的な印象だったのもあるんだけど(増田さんすまん)、増田さんのセンスが一番爆発してるのはあの衣装だなと思った。


映像や写真で見るのと、パッチワークされてる生地ひとつひとつが全然違う。

服飾に詳しくないので生地の名前とかわからないのが悔しいんだけど。

厚みも質感も色味も全然違う布を、あんなにバランスよく組み立てているのは、本当にセンスが良いのだと思った。

一歩間違えたらバランス悪く、ダサくなるパッチワーク。ある程度自信がなかったら、パッチワーク衣装を作ろうなんて思わないと思う。それに挑む覚悟、それをやってのけるセンスと技量が、カッコいいと思った。

 

 

あともう一個。

 


私、NEVERLANDの衣装が載った装苑での増田さんの言葉ですごく好きなものがあって。これ前に書いた装苑の記事でも載せたんだけど、改めてもう一回この話させて。

 

お客さんがコンサートの帰り道に、あるいは何年か後に、ステージ上のNEWSを思い起こした時に頭に浮かぶ僕らは、きっと何かの衣装を着ていると思うんです。

だから、NEWSの記憶として残るその景色と、そこに在る僕たちの姿に責任を持ちたいんです。

 


何度読んでも、読むたびに増田さんのことが好きになる言葉。


たかが衣装、されど衣装である。


リハの後、生地選びからこだわり朝の5時まで衣装さんと打ち合わせをしていた増田さん。(その報告を明け方メンバーにする増田さんかわいい)


我々の想像よりずっと、そこまでやらなくてもってとこまでやってるんだ思う。


服飾詳しくないけど、「あー、ここ増田さんこだわってそう」って部分が何箇所もあった。

 


会場内で一度「NEWSと共に旅したNEVERLANDの思い出を思い出してみてください」的なニュアンスのアナウンスがあった。(曖昧で申し訳ない)


コンサートの後に楽曲を聴くとコンサートの景色が思い出されるように、

コンサートの衣装を見ると、コンサートの景色が思い出された。


食べ物(味覚・臭覚)と結びついた思い出は記憶に残りやすいと聞いたことがあるが、

増田さんの衣装の視覚的インパクトは絶大である。


衣装を見るだけで、パフォーマンスする4人の姿が目に浮かぶ。思い出と視覚の結びつきが強い。

個人の感覚によると思うけど、私は、そう思った。


誰かが増田さんにかけたわけではなく、増田さんがスタイリスト Takahisa Masuda自身にかけたであろう「NEWSの記憶として残るその景色と、そこに在る僕たちの姿への責任」


作った衣装の展示が催しのひとつとして成り立っている、その存在の大きさと、
衣装をキラキラした目で真剣に見つめ、時折感嘆の声をあげるファンの方々の姿を見て、

その責任は確実に果たせているよ、と、誰だお前って感じだけど伝えたい。

 

増田さんが作った衣装を身に纏いパフォーマンスをしていた4人の姿は、NEVERLANDの旅の大切な思い出として、ちゃんと残っているよ。ありがとう。

 

 

NEVERLANDからEPCOTIAへ。

 

 

明日明後日はEPCOTIA埼玉公演。いよいよオーラス。


NEWSにとって、NEWSファンにとって、Jr.くんやスタッフさんにとって、ステキな宇宙旅行になりますように .。.:*☆

 

p.s.前書いた装苑の記事ってこれのことね↓

『装苑』と『S』の話。 - 世界にほんの少しの彩りを、

 

同窓会で、学生時代に片想いしていたシゲと再会したい。

 


どうもです!

今日私が言いたかったのは題名のこれだけです。終わり。

にはしませんが、内容はこれ以上広がりません。永遠この話をします。


おだいばこに前書いた合コン妄想的なお題を募集したところ、同窓会をしたらというお題をいただきまして。

単なる同窓会でもなんだし〜〜〜〜過去になんか一悶着あったことにしようってなるやん?♡

まあ、元彼片想い相手の二択だなと。

んでもってツイッターで投票をお願いしたんです。

 


学生時代の元カレ慶ちゃん
   or
学生時代の片想い相手シゲ

 

 

 

 


_人人人人人人_
> 自担じゃない <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

 

いやぁあのね、合コンのときに思ったんだけど、自担の妄想って難しいのよ。基本的に増田さんをリア恋で見てないからさ。んまぁ、最近NEWSに恋してのせいでリア恋っぽく見てるときもあるけど。(あるんかい)

 

んなことはどうでもいいんだけど、

投票の結果

f:id:c5l5rf3l:20180428013521j:image


ということになりまして。

もーちょい接戦になるかと思ってたんだけど、思いの外「片想い相手」というワードがよかったみたい。笑

 

っちゅーわけで、今から妄想脳をフルスロットルで働かせて、同窓会で学生時代に片想いしていたシゲと再会します。(強気)

 

だらだら書くので今めっちゃ暇だわぁってときに読んでくださいませ。

 


ーーーー ーーーー ーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「〇〇、綺麗になったな。今出会ってたら、たぶん好きになってるよ。」

 

 

 

 

 

 

 


今日の今日まで必死に抑えていた恋心が、この一言によって溢れ出てきてしまった。

 

「〇〇、彼氏いないの?」

『えっ、そっちこそどうなのよ』

「いや、質問答えろや(笑)」

 

1年2年と同じクラスで、お互いガチガチの文系だったから、文理選択を経てもまた同じクラス。

一緒にいると楽。

そんな距離感で学生時代を過ごした。


恋心がなかったと言ったら嘘になる。正直、友達以上の感情はあった。でも、進展することはなかった。

それはしげが、私に対して友達以上の感情があるように見えなかったから。

、、、めっちゃ言い訳だけど。


しげにはいつもかわいい彼女がいた。相手が先輩だったこともあるし後輩だったこともある。続いて一年ってとこで、割と取っ替え引っ替えだった気がするけど、いつも「告られた」と言っていたし、いつも「フラれた」と言っていた。

日常的に学年問わずいろんな女の子から声をかけられてる様は正直ビビっていた。顔が整っているのは言うまでもないけれど、帰宅部だったしげをみんなどんなキッカケで知ったんだろう。

私の方がしげのこと知っていると思う、と、当時の私は思っていた。

 

「聞いてます?」

『あっ、うん、えっと。現在はフリーですね、』

「さみしー(笑)」

『はあああ?!?!』

「うそうそごめん(笑)俺も長らくフリーだよ(笑)」

 

しげに久しぶりに会って、あの頃を懐かしく思い出していた。あー、やっぱ好きだったなって。学生の頃の私たちの距離感なら、私が一歩踏み出せば、もしかしたら付き合えたかもしれない。

でもそれはしなかった。

一緒にいると楽な、あの距離感のままが、一番幸せな気がしてたから。…嘘。あの距離感が一番幸せだと思いたかった、言い聞かせてた。言い聞かせて、無理やり気持ちを抑え込んでいた。


なのに。


「今出会ってたら好きになってた」


なんて。そんなこと、ある?


実際私も学生時代に他の人とお付き合いしたこともあるし、卒業してから今までも、それなりに恋愛はしてきた。

あの頃のピュアな恋心なんて、さっきまでほとんど忘れてた。

さっき会って、あー、まだ好きかもって。そう思ったところだった。


そのタイミングで、この言葉。

学生時代に出会わないで、いわゆるアラサーなこの歳になってからしげに出会ってれば、好きになってもらえてたの?

そっか、やっぱり学生時代のしげには友達以上の感情はなかったんだな。


なんか、悲しくなってきた。

 

「〇〇?」

『?!、、ごめん、なんか言った?』

「いや、うん。大丈夫か?飲みすぎた?」

『……、飲みすぎたかも。ちょっと、外出てくるね』

「ついてこっか?」

『いいよいいよ大丈夫!、ごめんね』

 


夜風が心地よい。火照った顔はお酒のせいなのか、それとも。

なんか、いろいろ思い出してしまった。


彼女できたって報告、いつも付き合ってから1ヶ月くらい経ってからだったな。

彼女と一緒に下校するところ、数回見かけたことあるな。


しげ、バレンタインはいつも彼女いたな。

彼女いるんでって大量のチョコ断ってたくせに、毎年「俺の分は?」ってわざわざ机まで取りにきてたな。

「義理だよ」って言ったら、「せめて友チョコにしといてよ」って笑ってたな。あっしげ、私のこと"友達"って思ってたのか。

…そういう私も、彼氏いるときもしげにはチョコあげてたな。

びっくりするほど美味しいお菓子をお返しにくれるんだよね、しげ。

そうそう、しげ料理男子だったな。お菓子美味しかったもん。今も料理するのかな。


「今出会ってたら好きになってた」


この言葉があたまから離れない。この言葉がこんなに引っかかってる自分に驚く。

自分が思ってるより、私しげのこと好きだったんだな。


今出会ってたら、か。


しげの中で私はもう、思い出の中の人なんだろうな。しげの学生時代の思い出の登場人物になれる自信はあるけど、それ以上でも、それ以下でもないんだな。


思い出の中の人。


私にとっては?

私にとっても、しげは思い出の中の人?

どうだろう。


……昔の片想い相手、かな。


昔の。

そう、昔の。

昔のだからこそ、「今出会ってたら」って言葉が引っかかるんだ。

今も好きだからとかそんな

 

「〇〇!」

『?!、っ、、し、げ、』

「帰るやついるから一旦お開きだって!…って、えっ、〇〇泣いてんの?、どうした?、、まだ気持ち悪い?」

『っ、泣いて…?』


驚いた。

私、泣いてた。

しげのこと考えてたら涙出てきたなんて、そんなこと口が裂けても言えない。


『、えっと……』

「うん、、てか、お前寒くない?薄着のまま出てきたろ。ちょ、ちょっとだけ待ってて、声かけてくるから」


困惑した表情のしげが、足早に店内へ戻っていった。


なにしてんだろ、私。

しげ、いきなり出てきたからびっくりした。

変にいろいろ考えちゃってたから、本人を目の前にしたら戸惑ってしまった。

今しげが戻ってきたら、思いをぶつけてしまいそうで、怖い。


あぁ、戻ってきちゃった…


「〇〇ほら、寒いだろ」


上着が、肩にかかる。

しげの手には私の荷物。全部取ってきてくれたんだ。

出入り口から少し歩いて、最初の角を曲がった。駅とは逆方向なので解散になって帰宅するクラスメイトはこちらには来ない。これも、しげの配慮だろう。


『…ありがとう。』

「ん。…で、泣き止んだ?…どうした、俺のせい?、俺なんかマズいこと言った?」


マズいこと言ったわばか。


『………好きだったのに』

「えっ?」


『…好きだったのに、、』


しげに初めて伝える「好き」に、"のに"なんて付けたくなかった。

できることなら、過去形で言いたくなかったな。

 

『なのに、"今出会ってたら"なんて。ズルい。ズルいよしげ。』


言ってしまった。しかもこんな中途半端に。理由もよくわからずにズルいと言われるしげ可愛そうだな。ごめんね。


『ごめん。やっぱなんでもない』


背を向けるようにUターンを試みる私の右手をしげが掴み、引き止められる。


「それ言われて帰せるかよ」


俯いたまま振り返る。まともに目も合わせられない。


「俺も好きだったよ」

『………は?』


「流石に は?は傷つくんだけど(笑)」

『ごっ、ごめん』


なんとか顔を見られた。一瞬笑ったしげが、また真剣な表情に。握られた手が解かれ、正面に戻される。


「さっきのはごめん。あれはその…、照れ隠し、だよ。…こんなに綺麗になってるなんて思わなかったから、びっくりした。」


『…不器用かよ』

「いやそこはスルーして(笑)今更だろ、知ってるくせに。」

『知ってた(笑)』


なんだかしげが真面目に話してるのが気恥ずかしくて、ついつい話をそらしたくなる。


「俺も〇〇のこと好きだった。ずっと同じクラスで、一緒にいると楽で。友達って関係を超えたかったけど、今の距離感が一番幸せかもって、ずっと言えなかった、好きって。」


…同じじゃん。

同じじゃん、ばかしげ。


「卒業してから今日までは、正直そこまで覚えてなかったのに、久しぶりに会ったらなんか急に、昔〇〇のこと好きだった気持ち思い出しちゃって。好きだった、……じゃないわ。」


ズルい。ズルいよ。しげほんとズルい。

 


「好きだよ、〇〇」

 


『…おそい。遅いよばか』


こんなとき、素直に喜びの言葉を口にできないあたり、年取ったなって思う。


「ばかは余計(笑)…でも、〇〇が今の気持ちを素直に教えてくれるなら、ばかでもなんでもいいわ、俺。」


…ズルい。やっぱりズルい。ばかばか。


『しげ、いつも彼女いたじゃん』

「んなことねえし、てかお前もだろ」

『んまあ。』

「お互い様じゃん」

『…まだ、料理してるの?』

「なに突然(笑)」

『いーから』

「してるよ、一人暮らしの男にしてはしてるほうだと思う」

『そっか』

「…なに?なんの質問タイム?これ(笑)」

『聞きたかっただけ』

「ふうん。質問はもういい?」

『…うん。』


「じゃあもう一回改めて。〇〇は、今、俺のことどう思ってる?」


何度でもいう、しげズルい。私が今も好きって、絶対わかってるじゃん。わかってて聞いてるじゃん。ばーか。

 

『…好きだよ。しげのこと。昔も好きだったし、今も。今も好きだよ。』


「…うん、ありがと。」


私としげの間に、今まで流れたことのないような空気が流れている。甘い空気になってもいいはずなのに、しげとだと気恥ずかしさからか、そうともならない。
嬉しいと恥ずかしいが3対7とかそれくらい。それくらいで、恥ずかしいが勝ってる。

 

 

『"今出会って"ないけど、いいの?』

「いいよ、いいっていうか、それ照れからのアレだから、そんなに気にしないで」

『気にするよ!!しげがこう言ったせいで勝手に悲しくなってたんだから!!』

「それはマジでごめん。でも、〇〇がこんなに綺麗になってるのがいけない」

『っ、』

「あっ、照れた(笑)」

『うるさいうるさい!!ばかばかっ、、んっ、』


学生時代の私!私がしげとこんなことする日が来るなんて、予想してた?


『なんでキスしたの!!ばか!!』

「彼氏だからねー。ってか、〇〇がさっきから照れるたびに怒るのちょーかわいいんだけど(笑)ほら、もう帰ろっか。」

『しげムカつく…』

「と言いつつ手を繋いでるのは?」

『彼女だからねー』

「そっかそっか。」

 

 

 

 

 

 

「〇〇からはじめて本命チョコもらった」と、私からチョコを受け取って嬉しそうにしているしげを見て、そっと幸せを噛みしめるのは、

 

もう少し先の未来。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーー ーーーー ーーーー

 

シゲにズルいとばかを連呼してすみませんでした。(全力の土下寝)


照れて怒っちゃう女の子×しげってかわいいなって気づいた途端に連呼させてしまったw


当初の予定よりだいぶラノベ感が出てしまって非常に恥ずかしいなうです!!!!

妄想って止まらない!!!!

私のここ最近の疲れを発散するかのように妄想書き殴った結果がこのザマです。

疲れてる×華金の酔っ払い×深夜テンションなんだなって察してください…w

 

ご静聴ありがとうございました!!


NEWSに恋して、しげの本編配信まだかな〜.。.:*☆